敏感肌の化粧水選びのポイントと正しい付け方

敏感肌の人にとって頭を悩まされるのが化粧水によるスキンケアです。
髪や服が触れただけで刺激を感じる敏感肌は、スキンケアの際に化粧水がしみることがあります。

どれを使っても刺激を感じるという人は、いっそのこと何もつけない方が良いのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。


しかし、化粧品の選び方と付け方に気を付ければ、刺激を感じることなくケアすることができます。化粧水選びのポイントとしては、セラミドが配合されたものを選ぶことです。

敏感肌は、乾燥して肌のバリア機能が正常に働かなくなっている状態です。


セラミドは肌がもともと持つ保湿成分なので、敏感になっていても刺激を感じることなく使える成分です。
バリア機能を正常化する効果もあるので、セラミドを補うことで肌が本来持つ機能を回復させ、健康的な肌に近づくことができます。



肌に良い化粧水を選んだら、付け方にも注意しましょう。
コットンでパッティングしている人もいるかもしれませんが、これは肌に刺激を与えてしまいます。
敏感肌のケアは肌への刺激をできる限り排除することが大切です。


付ける際には、手で軽く押し当てるように浸透させていきましょう。

今よりもおすすめの敏感肌クリームについて詳しく書かれています。

手でつける時も決して擦らず、叩かず、優しく押し当てるのがポイントです。
化粧水もしみるような敏感肌でも化粧品の選び方と付け方に注意すれば、しっかりと保湿ケアすることができます。



肌に優しいケアで、症状の改善に努めましょう。