敏感肌石鹸を選ぶときのポイント

category01

敏感肌の人は、界面活性剤の配合された洗顔フォームで顔を洗うと、肌が荒れてしまう人もいるようです。そのため、敏感肌の人には、石鹸が良いと言われています。


では、敏感肌用の石鹸を選ぶときには、どのようなことに注意すればよいのでしょう。まず最初に、中性や弱アルカリ性でないものを選ぶことです。

中性やアルカリ性のものは、洗顔フォームと同じ界面活性剤をもとに作られています。

肌に負担をかける恐れがあるので、控えるのが無難です。


また、ニキビ用などの薬用石鹸も、避けたほうが良いでしょう。



特に、殺菌成分が含まれているものは、刺激が強いため、炎症を起こしてしまう可能性があります。

自分に合ったおすすめの敏感肌スキンケア情報があります。

また、泡立ちが良いものも、ラウリン酸が含まれている可能性があるため、使わないほうが良いでしょう。

ラウリン酸は、脂肪酸の中でも刺激が高いことで知られており、敏感肌の人には向いていない成分です。最もおすすめのものは、洗浄成分だけで作られたグリセリン石鹸です。


保湿成分として知られるグリセリンですが、石鹸の成分として配合された場合は、保湿成分として働くわけではありません。グリセリンには、刺激の強い洗浄成分をカバーする水分が多く含まれるため、肌に刺激を与えず、マイルドに洗うことができます。


セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分や、油分が配合されたものも、肌に潤いを残すため、低刺激でしっとり洗えます。



カミツレエキスや天草エキスなどの抗炎症成分が配合されているものも、負担が少ないため推奨できます。

売買の事柄

category02

敏感肌の人はちょっとしてことでも刺激を感じてしまうので、毎日のスキンケアですら苦痛になっている人も多いのではないでしょうか。そんな辛い状態の人は、まずは洗顔料を見直して、正しい洗顔方法を身に付けるようにしましょう。...

subpage

1から学ぶ売買

category02

石鹸の選び方を間違えてしまうと、敏感肌が悪化してしまうことさえあるため、是非とも慎重に選ぶようにしたいものです。では、敏感肌のための石鹸の選び方にはどんなポイントがあるの考えてみましょう。...

subpage

最新情報

category03

敏感肌の人は、化粧水をつけるだけでしみることがあるので、選ぶときにはいくつかのポイントに注意することが大切です。また、使い方にも、一工夫が必要となります。...

subpage

身に付けたい知識

category04

敏感肌の人にとって頭を悩まされるのが化粧水によるスキンケアです。髪や服が触れただけで刺激を感じる敏感肌は、スキンケアの際に化粧水がしみることがあります。...

subpage